« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »

久しぶりですねw

じゃんけんで負けなくても荷物持ち、いつものか~たです!(カエレ

さて、久しぶりの更新なわけですが、まあこれには二つ理由ほどありまして、

①交通事故で左腕骨折(正確にはひび)

②ただ単にめんどくさい

ですね(②だすな

①は交通事故で車vsチャリという悲劇的なぶつかりあいが発生し、もちろんチャリの僕が吹っ飛ばされたんですわこれがw

吹っ飛ばされたときはなんともなかったのですが、手をついた瞬間激痛が走り、救急車で運ばれた結果、4週間のひび(場所が場所で違うところが折れたほうがよっぽどよかったらしいですwww)というひびでは前代未聞の重症なわけですよこれがw

んまあ1週間たって、まったく痛みがなくなったのは皆さんスルーで(ry

②は説明の余地がないのでここもスルー(ぁ

というわけで、本来はやらないつもりだったWCCFに禁断症状が出てしまい、今日蹴ってきましたwwwww

今日は引きも成績も絶好調なことwwww 

1クレ目でエトーがあたり、ウハウハしていて次ローカルが近かったため、台移動したら1クレ目でツェホという奇跡が発生wwww

しかも新チーム立ち上げ、ローカルも獲り、15クレで15勝と今日は神が舞い降りましたwwwww あ、ありがとう!!!(ダマレ

新チームはヴァーリー君が俺のお得意技極秘チーム立ち上げをぱくられてしまい、僕も怒ったので今回のチームも極秘です!(スマソ

まあ今回のチームの目標はずばり!

ジロウさんのICC獲得を邪魔する! 目指せ9敗以内350億以上! ってことにしておきましょうかw

まあ、6月のヒュケ大会(予定)はおそらく出れるのが最後になりそうなので、優勝狙っていきますよーw

その出すチームが今回の新チームか、この前始めた中田、ルケ、シアラー様のチームのどっちかだとは思います。

この中田の方のチームは、シアラーが鬼っぷりを発揮しちゃって(公式戦52試合103得点)70勝2敗16分とその鬼っぷりを存分に発揮しちゃってるので正直どのチームで出るか迷ってますwwww

まあ楽しめて、なおかつ自分色を出せるチームを出せればな、と思いますww

まあ巷で話題になっている僕のベルカンプですが…(ダマレ

どうやら、あのアンパンマンや、ジロウさんまでもが、『ベルカンプよわーい』という怒り心頭なコメントも出ていたので自分流ですが、ベルカンプの使い方、癖などわかる範囲で参考にしてもらいたいな、と思います。

まずは長所と短所

長所 ①テクニック系でありながらパワーも持ち合わせているため、突破成功率が非常に高い。

    ②ボールをもらうとき、あまり近づかず、設置しているポジションに忠実に働き、ボタン操作にも非常に忠実な、頭のよいカード。

短所 ①スタミナが14と1試合持たない場合が多い(CPにすると若干残る程度)

    ②テクニック系であるがために、クロスは正確なのだが、いかんせんふんわり系統である。

まあこんなところでしょうね。

短所は①はCPにすれば直りますし、②は最初は苦しいですが、後々楽になります(黄金など)

ただ、僕的に一番の長所と考えてよい②が皆さんなかなかできていない気がするのでは?とおもいます。

これの解消法はですね、TOP下の選手なんですよ。

ベルカンプの場合、下がってボールをもらうことがあまりないため(逆の場合の一番の例はWGで使ったときのトッティ)TOP下が、どのようにベルカンプとDFに間を空けるかが非常に重要になってきます(この系統の選手全般にいえることなのですが)

そして、僕は玉離れのそこまでよくないBANジェラードを使ったんです。

理由として、あのロケットパスも魅力的ですが、何より玉離れの悪さを利用し、相手のDFをベルカンプのために引き付けてほしかったところですね。

これができる選手がなかなかいないんですよ。 例はジダン、ロナウジーニョあたりがそうですね。

これをすることにより②の長所がより生かせるようになり、僕のベルカンプになったわけですね。

まああれが完成系ではないんですが、それさえつかめばあれほど右サイドを支配できる選手も数少ないですね。

なので組み合わせ的に6-1-3、7-0-3にはめっぽう強いんですね。

ただここで注意しなければならないのが、ベルカンプは3TOPに若干向いていない感じがしましたので4-3-1-2で使うのがベストだと考えています。

…まあこんなところですかね。

へぼっちょな僕のベルカンプですが参考になるならどんどんしてくださいwwww

この前ヒュケに出たチームは今度公開しますのでwww

う、腕gggggggg(ry

| | コメント (5) | トラックバック (5)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »